KEIHIDE OKADA社員インタビュー

PROFILE

ディーリング部
2017年入社

海外の大学を卒業し、商品先物取引会社でブローキング業務に従事。その後学生時代に経験したFXに関わる仕事を志すようになる。現在は、グローバルな視点を活かしながらディーラーとして活躍中。

  • Q1

    ゴールデンウェイ・ジャパンに入社したきっかけは?

    大学生の頃からFX投資を行っていた為、FX業界に興味を抱いていました。また、中途採用で未経験にも拘わらず、カバーディーラーとして内定を出して頂いた為、入社を決めました。

  • Q2

    ゴールデンウェイ・ジャパンの社風についてどのように感じますか?

    とにかく意思決定、業務遂行のスピードが速い社風と感じています。部署間、社員間で密にコミュニケーションを取り、連携することでスピード感をもって対応することが可能です。

  • Q3

    仕事を通じて成長したなと感じる経験等をお聞かせください。

    カバーディーラーといっても、調査・資料作成・集計・翻訳等、ルーティン業務だけでなく様々なタスクが発生しますが、入社した当時は目の前にあるタスクを指示された通りこなすだけで精一杯でした。現在は自身でタスクの目的、優先度を考慮して効率よく、スピード感をもって業務を行えるようになったと考えます。

  • Q4

    今後の夢や目標をお聞かせください。

    今年こそは「曲がり屋」(*相場の予測がよく外れる人のこと)との汚名を返上したいと思います。

INTERVIEW社員インタビュー

GWFX社員にインタビューしてみました。